Taeko Goto Blog

着る服の色で心のにごりをケアしよう(解説編)

前回で、色を使うにあたり自分の範囲から使うことで、ケアとしての効能があるというお話をしました。
今回はざっくりですが色それぞれがオーラの視点も踏まえてどんな効能があるかみていきましょう。
7色で説明するのはチャクラの7色にあわせてとらえてほしいからです。

代表的な7色の意味

次に代表的な色の特徴について、色そのものの色彩心理の意味、人間の7つのチャクラに対応した意味、そして、そこから発生したオーラ(自分が放出している光の強弱)の意味と、それがネガティブなった場合の解釈をまとめます。

 

赤 … パワフル、アクティブ、情熱などの意。チャクラとしては火を表す。オーラとしては生命力、行動力ですが、濁る
とネガティブな状況を表し、怒り・敵意・神経の動揺を表す。

オレンジ… 楽しさ、活力を表す。 チャクラとしては楽しいことへのチャレンジ、感情のままに動く。 オーラとしてはバ
ランス・統合で、ネガティブになると、プライドの高さ(高飛車)やだらしなさ、意欲のなさ。

黄 … 明るさ、オープン、光、好奇心を表し、チャクラとしては 「個人の意志」「好奇心を満たす」という精神的刺激
を求める。 オーラとしては知力を表し生き方を決めるサポート力があるが、ネガティブになると飽きる、怠
惰、優柔不断をあらわす。

緑 … ナチュラル、リラックス、バランス。 チャクラは愛、本当の自分、愛。オーラとしては癒し、自然の愛で、ネガ
ティブな状況では不信、プレシャーに弱い。

青 … 理性、誠実、冷静沈着を意味し、チャクラとしては意志主張、「内のあるものを外に出す」テーマがある。
オーラとしては鎮静、平和、ネガティブな状況では憂鬱、孤独、内向的思考がある。

青紫… 天性の創造力、深さ、本質。 チャクラとしては透視力、自己への信頼。 オーラは悟り、直感力。
ネガティブな状況では現実逃避、排他的。

紫 … 精神性、熟考、「自分の存在を問う」を意味し、チャクラとしては自己実現、希少価値、高い精神性ゆえの謙虚
さを持ち合わせている。オーラは霊性だが、ネガティブになると横柄で非現実的で「やらない理由」を言いだ
し、ますます動かなくなる。

7色をどう解釈するか?

人間の身体に7つの見えない変電所が備わっていると体感できる人はどのくいいるのでしょう。
私も全くわかりません。ただ、エネルギーの質を変えるための7段階の変電所があることは、そんなにおかしいことではないと意味をみることで私も理解していきました。
どれも、人が生きるのに大切な観点だからです。
それに、7つの段階は森羅万象に結構登場します。 光が7色、それを具体的に見ているのが虹の7色、音階が7音、
7大天使など、様々な7の法則が存在します。 この宇宙の中にある法則のひとつに私達がしたがっているのに不思議はありません。 人は他の動物と違い理性と感情をもって慈しむ能力を授けれたのなら、その意味に答えるのも人間の務めであるのは明白です。
気にするしないは個人の自由ですが、何を大事にするかは人間に許された豊かさへの探究の一端だと思います。
どうせなら、人は豊かであって欲しいと私は願っています。

ネガティブになった時の補い方

それぞれの色の持つネガティブさを感じている時の補色(180度反対の位置)である色を活用すると緩和されます。
例えば私は紫の人ですが、横柄で排他的な要素に包まれてしまった時は黄色(私の場合はブルーベースのレモン)を
意識したり、着たりするということです。

赤 ⇔ 緑  激しいエネルギーや怒りをナチュラルなエネルギーで補いバランスをとる

オレンジ⇔青 活発になったエネルギーが不安定になると必要以上の人とのつながりを求めて過敏になるので青で
落ち着きを取り戻す

緑 ⇔ 赤  平和を重んじる緑が過剰になると、事なかれ主義に陥りやすいので自分のストレートなパワーを取り戻すた
めに赤を補う

青 ⇔オレンジ 理性のある誠実さがネガティブになると過度な内向や自己表現を禁じる方向に行くので、オレンジで活性
して感情のままにアクションを起こすエネルギーを補強する

青紫⇔ゴールド 本質・深さの青紫はネガティブになると自閉や孤独を招くので、深い藍色が夜のミッドナイトブルに注ぐ
朝日のごとく太陽のゴール補色です。内察に光を当て、籠ったエネルギーを放出させる

紫 ⇔ 黄  精神性の高さと謙虚さをもつ紫がネガティブは、考え過ぎて動けなくなる可能性があるので、イエローの
論理的知性と具体性をもって現実とつながり、非現実の住人から脱すること

まとめ

自分が無意識であっても色を放出している存在であることも、少しわかってきたと思います。
意識・無意識どちらだとしても、私達は光を放ち、電磁波を背負って生きています。
なのであれば、すこしでも理解して使うことも生きる楽しみになるはずです。

見える色、見えない色双方を使って、ネガティブな時もエネルギーを補い健全に過ごす工夫に使って下さい。

 

 

応援して下さる皆様3ステップをお願します!
下記をクリック!
ページの右下私の順位をクリック!
私のブログタイトルをクリック!で応援完了です。


自己啓発 ブログランキングへ

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP