Taeko Goto Blog

あなたにとっての気持ち悪い服装って何?(1)

服装においても何が気持ちよくて何が気持ち悪いかは、自分の「好き」が邪魔をしてよく解らないものですね。
これって「自分という人間の個性」がよく解らないのとまったく同じです。

青と黄の2大区分は人の肌色を分ける土台となる基準

ブルーアンダートーンの人は肌の中に青みがたくさん含まれているので、クールな色が適合するわけです。クールというってしまうと、寒色=青系の色 と思って勘違いしてしまうケースがありますが、何色であっても青と黄のわけることができるので
寒色ということではありません。
例えるなら、同じ青でも… スカイブルーは青の青、アクアブルーは黄の青
同じ赤でも… ワインレッドは青の赤、朱肉の赤は黄の赤
同じ緑でも… エメラルドグリーンは青の緑、アップルクグリーンは黄の緑
同じ黄でも… レモンイエローは青の黄、バナナイエローは黄の黄
同じピンクでも… ローズピンクは青のピンク、サーモンピンクは黄のピンク
同じ茶系でも… ココアは青の茶系、キャメルは黄の茶系

青が間違って黄を着た気持ち悪さ

ブルーの人は涼しげな肌色をしているので、そこにイエロー系(暖色に偏った)の色で覆うと、暑苦しい印象になります。見え方としては、冷えたシロップを載せたいかき氷に、間違って暖かいチョコレートをかけてしまったような感じで、シャリシャリした涼しげな食感が消えうせてがっかりな感じになってしまうのと同じです。概ね暑苦しい印象で、それが老けた活きが悪いさっぱりしない見え方になってしまうのです。 顔色としては、肌の中に少ない黄色を無理矢理外から足し込んで見ている顔色になるので黄ばんだどんよりした顔色になり不健康です。
例えば、青の天海祐希さんにマスタードを着せたら、顔色がさえない感じしませんか?

黄が間違って青を着た気持ち悪さ

イエローの人は温かみがある肌色をしているので、そこにブルー系(寒色に偏った)の色で覆ってしまうと、寒々しい印象になってしまいます。 私はそれを 「検査着を着てレントゲン室の前で待っている人」と例えます。 不健康のもとがあるかないかを確認しなければいけない状況の具合の悪そうな感じになるのは、暖かい肌なのに、青に偏った涼しい色を外側から足こんで顔が青ざめることで血の気が引いたように見えるからです。 健康が損なわれてしまった印象に魅力は遠のきます。
例えば、話題のトランプ大統領がまっ黒な髪色にしたら、色がきつすぎて若返るというより、物々しくて蝋人形っぽくかんじませんか?

まとめ

日常のビジネスシーンで、人が魅力的なのは、まずは健康的ではつらつとしているかです。お金をだしてわざわざ買うのに自分を不健康に仕上げている人が大半です。あまり気にしていなくても、間違って着てきた人ほど雲泥の差でブラッシユアップして輝きます。 私が大切にしていることは妥協せずに全身をコーディネート仕切ることです。完成度を求めて自分を追求する面白さを服から感じてほしいからです。 必ず知らない自分に出会えます!

 

応援して下さる皆さまへ3ステップをお願します!
下記をポチッとクリック!
サイトでの右下順位が出たらそれをクリック!
私のブログタイトルをさらにクリック!で応援完了♡

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村


自己啓発 ブログランキングへ

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メール講座

PAGE TOP