Taeko Goto Blog

スタイリストがつくるもの、トゥルーズカラーがさがすもの

今回は、同じプロでも求める目的が違うというお話しです。
プロと服を買いにいくのは 「スタイリスト」のイメージがありますよね?
私が行うショッピングエスコート(お買物同行サービス)はスタイリストのそれとは全く異なるものです。

スタイリストはターゲットを求めるキャラクターに近づける仕事

いわゆるプロのモデルや役者さんについて仕事用のファッションを調達するのがスタイリストの仕事ですね。 それはターゲットの人物を求めるシュチエーション(役柄)に合せていく作業であり、ターゲットの個人的な美しさやパーソナリティを輝かせることが一番の目的ではありません。
なので、よく一般人のビフォーアフターをやっても、今一つしっくりしていないケースが見受けられるのは、イメージ先行だけで仕上げてしまうからなのです。 あるドラマ、ある雑誌などの設定に当てはまるようにターゲットをコントロールしていくことがスタイリストのお仕事です。

トゥルーズカラーはあなたの本質を見つけて輝かせる仕事です

私がトゥルーズカラーと名づけているのは 「真実の色」という意味を込めています。 似合う色はあなたの本質を導く色であり、そこから見た目だけでなく精神的にも 「自分らしい心のあり方」 を
取り戻してほしいと思っているからです。
色を通して服装を変えていくと、必ずそれとともに心境にも変化が生まれてきます。今まで自分が好きだったと思っていた以外の色にも触れるチャンスを得るからです。

知らなかった客観的な色が新しい自分を目覚めさせる

今では私も当たり前のように着るようになった紫も全く意外な色でした。「似合う」という客観的な視点に触れなければ、手に取ることはなかったと思います。
はじめは疑いながら着ていました。でも、反応はすぐ得ることができ、「さすがですね!やはりオーラが違います!」とお客様から言われてびっくりしたほどです。 まだ、紫が好きというほどではなかったので、そんなに違うのかと逆に驚いたくらいです。 このような他人から褒められる体験を通して
知らなかった自分のポジションを認めていくという過程は、誰にでも起こる、とてもワクワクする発見です。 ここから新しい自分開発に目覚めていくのも事実です。

まとめ

自分とは違う何かに化ける必要性がある時はスタイリストにお願し、自分自身を深め、向き合って育て育てたい時は、トゥルーズカラーをさがしにいらして下さい。

 

 

応援して下さる皆様3ステップをお願します!
下記をクリック!
ページの右下私の順位をクリック!
私のブログタイトルをクリック!で応援完了です。


自己啓発 ブログランキングへ

 

 

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP